医療の現場で悩むこと

腰痛持ちにならないためには

看護師必見の腰痛対策

看護師が行う仕事は腰への負担が大きいものが多く、どうしても腰に負担がかかってしまいます。例えば、患者の体位交換や車椅子への移動などが挙げられます。その他にも夜勤をすることがあり、生活習慣が乱れがちであることも原因の1つです。腰痛が悪化すると、日常生活にまで影響が出てしまいます。看護師のような忙しい人でも、職場で簡単に取り入れることができる腰痛対策はあるのでしょうか。
まず、介助の環境を改善することです。腰に負担がかかりやすい中腰の姿勢を減らすように、なにかしらの工夫するとよいでしょう。処置するときにベッドの高さを調整したり、1人の人を複数で担当するだけでも負担は少なくなります。次に、悪化する前の予防法です。腰痛は悪化するほど完治しにくくなってしまいます。そのため、普段から姿勢に気を付けたり、ストレッチをこまめに行うなどの対策が必要です。その例として、足を冷やさないような靴下をはいたり、疲れにくく自分に合った靴を履く・骨盤ベルトを着ける・空き時間にストレッチをして腰周辺の筋肉をほぐすなどがあります。最後に、介助する際の姿勢についてです。介助するときは脚を大きめに広げて重心の位置を低くし、安定した姿勢で行います。起き上がらせるときや移動の時は、つい腰と腕だけに力を入れてしまいがちですが、体全体を使うことで腰の負担を減らすことが可能です。
このように、体の使い方を少し変えるだけで負担を減らすことができます。ハードな仕事を少しでも楽にこなせるよう、看護師は腰痛対策を取り入れることを心掛けましょう。